抄訳:モリスの手紙
Letters by William Morris
出典:The Collected Letters of William Morris Edited by Norman Kelvin
翻訳:城下真知子(
読みやすいように改行しています


手紙一覧に戻る翻訳リストに戻るトップページに戻る

 1881年 模索のとき

  ■1881年1月1日、ジョージアナ・バーンズジョーンズへ
……
 じつはこのところ、少し物悲しい気持ちなのだよ(ちょっと大げさだが、よい表現が見つからない)。だからといって、生活はそれなりに楽しんでいるのだが。厄介な悩みを抱えている中年男なら、たまにはそういうことがあってもいいだろうという程度の物悲しさだ。

 これぐらい落ち込んでいるときは、人は自分の問題を考えるのをやめて、大所高所に思いを馳せるものだ。だから、わたしの頭は世の中の一大変化のことでいっぱいだ。すこしずつ変化が表れつつあるね。まちがいなく、新年は、その変化の大きな一里塚になると思う。

 新年といっても、わたしにとっては、一日一日がスタートで、一年はその積み重ねだ。年が変わるからといって儀礼や迷信とは無縁だ。きっとあなたもそうだろう。それでもわたしは新年を祝う古い習わしは大事にしたい。こうして元旦に希望を込めて新年のあいさつを送っても、あなたなら儀礼的だとか迷信的だと思ったりしないことと思う。

 新しい年こそ、わたしの一番の願いがかなって、金持ちの地位をもっと低くし貧乏な人々をもっと高める流れへと大きく動きますように!そして、人々がその辞書から最終的に「金持ち」とか「貧乏」とかいうひどい言葉を消し去ることができますように!
 
〔訳者から〕
 これが書かれたのが1881年の元旦だという点に注目。戦争反対の「東方問題」運動に失望して政治から手をひいてから約2年余り。1883年1月に「社会民主連盟」加盟を宣言するまでには、まだ2年。この時期にもモリスは、貧富の階級差がなくなる社会を願う気持ちをずっと願っていたということが、この手紙からうかがえる。

  ■1881年7月2日、ジョージアナ・バーンズジョーンズへ
……
 モスト氏[注1]の判決について読んだだろうね。それに、コールリッジ[注2]のまったく馬鹿げた演説もきっと読んだだろう。考えてもごらん、抑圧と偽善が世界を支配している!こういう判決が人々をがっくりさせるのだ。そして政治に幻滅し、もはや革命しかないという気持ちに駆り立てる。まさにわたしの場合がそうだ。

 じっさい、社会は近代的になりスムースに動いているように見えるが、じつは不平等が基礎にあり、抑圧と人々の臆病さで維持されている。わたしはずうっとそう思ってきた。いや、感じてきたと言ってもいい。それでもわたしは事態がしだいによくなるだろうと希望的に見ていた。(もちろん、最後の闘いだけは暴力や狂気が混ざり合うにちがいないが、それもほんの一瞬で言うほどでもないだろうと思ってきた)

 だが、モスト判決のような事件や人々の無関心さを見ていると、漸進的改革を信ずるわたしの気持も揺らぐと言わざるをえない。

[注1] ドイツ社会主義者の機関紙『自由』の編集長。暗殺されたロシア・アレクサンダー2世の「誹謗を印刷した」とされて、殺人教唆の罪で実刑16か月を宣告された。

[注2] 最高法院判事のジョン・デューク・コールリッジ。問題の記事を「スキャンダラスで卑怯だ」と非難した。詩人コールリッジではない。

 〔訳者から〕
 「社会民主連盟」加入の1年半前の段階で、すでにモリスが(議会を通した)漸進的改革をあきらめて、革命の道を考え始めていたことを示す貴重な1通。ジョージアナは、政治や社会に関しての考えを正直に吐露できる、数少ない友だった。

手紙一覧に戻る翻訳リストに戻るトップページに戻る